img_02

Googleマップを使ったビジネス

Googleマップは無料でつ開ける地図データですが、ビジネスにおいても重要なデータとなっています。ビジネスにおいて地図データの利用は主に地図データに上書きしての情報提示が多くなります。

しかし、地図データ自体が高価なことが多く、まして高精細なデータとなるとサービスに取り込むのはとても難しいことが多かったようです。

しかし、無料でしかもゼンリンのデータが使えるGoogleマップはビジネスにおいても重要なデータです。

Googleマップのデータは多くがAPIで取得できます。

GoogleMapsAPI情報を調べるなら、こちらのサイトが効率的です。

APIはJavascriptなどのプログラム言語で呼び出せる方式であり、Googleマップの場合はかなり細かい指定ができるとあって使い勝手がとても良いのが特徴です。



しかも、呼び出すAPIの回数がチェックされるわけですが、無料枠が膨大にあるので多くのサービスでは課金されることなく利用できるケースが多くなっています。ビジネスにおいて特にスタート時のコストが低く抑えられることはサービスをスタートさせやすくなり、アイデアを形にしやすいので歓迎したいところです。
APIの課金については十分利益が出た当たりでの課金となるケースが多いのでビジネスにおいて使い勝手のよいサービスであることは間違いありません。また、ウェブ、アプリとさまざまな形式で呼びだすAPIですが、どの場合でもしっかりデータが得られるので安心してサービスに組み込むことができると考えられています。

マイナビニュースの情報を多数ご用意したサイトです。